HIV感染率

こないだの福井大学でのシンポジウムでの岩崎博道先生の講演での確率のお話。



『行為1回あたりのHIV感染率』 0.1%~0.3%



ピンとこないでしょうから、と他の確率を教えてくれました。



サッカーのPK(ペナルティーキック)の成功の確率  80%

一生涯に交通事故に遭う確率         50%

会社を起業して1年以内に廃業する確率  40%

血液型がO型である確率           30%

できちゃった婚の確率             25%

一生のうちに虫垂炎になる確率       7%

5:5の合コンに巨乳美人が現れる確率   7%

一生のうちに救急車に乗る確率       4%

隣の人が教師である確率           1%

血液型がRH(-)である確率          0.5%



ここからが、行為1回あたりのHIV感染率に近い値です。



隣の人が警察官である確率         0.2%

日本人の非識字率              0.2%



それ以下の確率はというと、



飛行機事故に遭う確率         0.0005%

インフルエンザによる死亡確率    0.0004%

雷に打たれる確率          0.000001%





先生のまとめ

・HIVからエイズになるのに長時間(平均10年)

・HIVは人から人に直接感染

・HIV感染は予防できる(エイズに進行しない薬がある)

・日本では1日に4人が感染している

・今やHIV感染は死を意味しない



ということでした。とても聞きやすいお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA