波の花

昨日越前海岸で見られたそうです。







冬の到来を告げる「波の花」とは、



波が岸に当たってできた気泡の蓄積されたものです。



岩間に漂っているその姿は、洗剤を溶かしたように白く泡立っています。



強い北風にあおられて、水際から空へ飛び散り、



そして突然低く舞い降りるその姿は、華麗な乱舞を見ているかのようです。



この波の花、学問的には安定泡沫と呼ばれています。





しかし、泡が黄色く濁ったりしてくるとあんまり綺麗なもんじゃないです。



個人的には、寒そうな気がしてくるのと、すすぎが十分でない洗濯物のイメージですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA