文化財防火デーと三宅久之氏

昭和24年1月26日に,現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)

の金堂が炎上し,壁画が焼損したことを契機としています。



そこで我々まちの消防団は毎年1月26日に訓練に出動するのです。



この丸岡町には『丸岡城』や『千古の家』などの文化財があります。

このうちボク達は『千古の家』を今年は担当しました。







筒先持って放水してるのは弟。後ろで突っ立ているのがボクです。ははは。



『千古の家』は江戸初期に建てられた福井県で現存する最も古い民家なのです。





そしてお昼からは商工会主催の講演会に行ってきました。







三宅久之氏の講演を1時間半聞いてまいりました。



感想は?と言いますと、よっぽど民主党が嫌いなんでしょうねぇ。

とても81歳とは思えない矍鑠(かくしゃく)とした翁でした。





それから夜は除雪出動となりました。



次の日の夜も除雪になりました。



睡眠不足ですぅ…




文化財防火デーと三宅久之氏” に対して1件のコメントがあります。

  1. strong より:

    Unknown

    大雪大変ですね!

    無理をしないで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA