節電のチェーンメール





「関西電力で働いている友達からのお願いなのですが」で始まり、「本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです」と続く。その後、「一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになる」などと書かれており、最後に「このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します」



このようなメールを13日にもらった。どこにも転送しなかったけど、

もっともらしい話だけに信用してしまいそうです。



関西電力広報室では、東日本と西日本では周波数が違うため周波数を変換しなければならず、周波数変換施設の容量には上限があり、今のところ「お客さまに特別な節電をお願いするような状況にはございません」としている。



「日頃から節電にはご協力いただいているが、弊社からチェーンメールを送ることはない。受け取られた方はご自身で止めていただき、ほかに回さないようにお願いしたい」





まあ、節電はとてもいいこと。これを機に節電の見直しと継続を心がけます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA