定例会にて

解体協会の定例会に参加しました。



メンバーで2社が東北方面へ行っていたことがわかり

その報告を聞きました。



1社は福島県郡山市へ地元建設会社の要請で出向き、

地震で落ちかけた天井材を人力で落としてしまうという

作業をしていたようです。



でも原発も問題が大きくなってすぐに撤退したそうです。



もう1社は栃木営業所があって宇都宮市近辺で倒壊家屋の

解体工事をしているそうですが、福島県へは民間業者の越県を

規制していて全然入れないそうです。



会議で決まった今後の対応は、我々の上位組織である

全国解体工事業団体連合会の要請を待って、

「それぞれがそれぞれの対応をしてください」とのことでした。



「なんじゃそれは?」と思いましたが、それぞれの会社に

様々な思いがあるようで業界で一本化できないようです。



うちはできる限りのことをさせてもらいます!

定例会にて” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピュア より:

    被災地復興

    被災地早期復興は全国民の問題であり悲願であります。

    行政を含む各機関には精一杯の事をされていると日々感動しています。

    私には難しい事は分かりませんが各機関には規制や段取があるでしょうが、今回は日本全体の問題ですから逸早く全国民で全体で取り組み被災者の方に少しでも早く元の生活を取り戻して欲しいですね。


  2. センム より:

    Unknown

    >ピュアさん



    投稿ありがとうございます。

    少しも回復が見えない惨状、むしろ悪化しているのでは?と思うほど毎日いろんな話題があふれてきています。

    「9日ぶりに救出」など明るい話題もありますが、

    東京ではパスポート申請に長蛇の列とか…



    天皇陛下は英国皇太子の結婚式キャンセルしたというのにねぇ。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA