哀れムササビ





ムササビの置物?というか標本みたいなものを



処分してくれということで、ちょっと現場に一晩置いといたら…





カラスか最近うろうろしているキツネの仕業でしょう、



皮をはがされ見るも無残な姿にされてました。



きっと夜中にバトルが繰り広げられたものと思われます。





この話を親父にしたら、昔中学生の頃ムササビを飼っていたそうです。



親父にしか懐かず、肩にいつも乗ってリンゴなどを食べてたそうです。



そのムササビの特技は当然「飛行」です。



昔の木の電柱に登っていって、中学の親父が離れると頭を振りながら



(距離を測っていたようです)もっと登ったりして、パッと飛び立つ。



何度やっても何人いても親父の肩に降り立ったそうです。



隣村の人も珍しがって見に来て、親父少年も鼻が高かったようです。





そのムササビも1年ほどで不注意で意識不明の状態になり、



クスリを飲ませたりしたそうですが死んでしまったそうです。





初めて聞いたエピソード。とても新鮮でした。

哀れムササビ” に対して1件のコメントがあります。

  1. STRONG より:

    Unknown

    その話、直接義父から聞いた記憶があります。

    私の聞き間違いかもしれませんが・・・

    義父はある意味幼少の頃から仙人だったのですね!

  2. センム より:

    Unknown

    少年期の話をする親父は目がキラキラでした(笑)

    しかし不注意で死なせてしまった時のくだりでは、遠くをみながら淋しそうでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA