週末は業界の旅行(太夫編)

紳士達は築300年以上という古い建物「輪違屋」というところで



太夫(たゆう)の芸を見ながらの夕食となりました。



さすがに歴史ある館らしく、はたまた誰かが圧力掛けたのか、



近藤勇の書のあるお部屋でお食事です。



300年以上生きてるという家の人が詠んでくれましたが忘れました。



そのひと曰く、新撰組の近藤勇の写真を後で見せたげますわって。





しばらくすると京都には5人しかいない太夫が



ふたりの禿(かむろ)を従え現れます。









幻想的な空間で胡弓と琴の調べを聞きながらの食事は



紳士達にぴったりの宴席となり、しばし江戸末期の気分に浸ることができました。











あっ近藤勇の写真!



300才のおばばとの約束は忘れられてました…




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA