2回目の挑戦は雪でした ④

昨日の1月31日は、待ちに待った大型仮免許の2回目の試験日。

でも結構雪が降ってます。



前回予約を申し込んだ時、「来る前に電話ください。雪がひどいと

中止になるかもしれませんから」と言われてたので、しました電話。



「10時に予約した者ですけど…」



「はい、現在除雪中で午前は中止に決定しました。

 天気が回復すれば午後に試験しますよ」



そういう訳で願いが通じたのか、快晴の午後に試験場に向かったのです。



またまた4,750円の印紙代払って、目の検査。「えっ、また~?」

そうなんです。毎回目の検査があるのです。



今回は3本の棒は難なくクリア。しかし大型免許で必要な、

片目0.5、両目0.8がとても苦しかったです。



分かっていれば、事前にあったかいお茶でも飲みながら、

遠くの緑を見てたのにね。



コースは路肩にシャーベット状の雪が残っている程度の除雪でしたので、

後輪の内輪差がごまかせるかも、なんてほくそ笑んでおりました。



そして具合のいいことに試験コースは前回と同じ1コース。

こりゃもう心の中でガッツポーズしましたね。



んで、結果は…



またまた「否」

ふう…



今回は二つやらかしました。

一つ目はまさかの「速度超過」



外周を走る時に制限速度の看板がある所では、その速度まで

出さないといけません。



40の看板が見えたけど、まだ25キロくらい。あかん早く速度上げな!

看板付近を通過した時で35キロ。過ぎてからなんとか40キロを出しました。



しかしすぐにカーブ、ABSが効いてしまうほどのブレーキング。

試験管は前へつんのめってました(苦笑)



あとで聞いたら、大型は40の下の30の看板を守るように前回言ったでしょ!



40キロの看板は普通車やバイクの為だったんですね。

完全に忘れてましたね。



二つ目はまた「あい路」

ばっちり赤線の中に収めてサイドブレーキ引いて

自信満々「入りました!」



大きな勘違いで2mほど離れた違う線で停めてしまってました。



本来ならそのまま試験終了なんですが、お情け?で

最後まで走らせてもらいました。



「次回は合格出来るでしょう」って慰みのお言葉頂いて

9日の予約をして帰りました。



気分の冴えない、久しぶりの快晴の帰路でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA