切手の処分





先日、郵便局から記念切手の焼却を依頼されました。

記念切手って3年ほど経っても売れ残ったら処分するそうです(驚)



ダンボールに詰められた状態で5パレット分。

なんと重さ2070キロ







近所のお猿さんも驚いてました。



何千万円かの切手を炉の中へ放り込んだかと思うと、

なんとも言えないやるせない気分が残りました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA