ロータスからHVスーパーカー

















英国ロータスカーズは20日、30日に開幕するパリモーターショーにおいて、ハイブリッドスーパーカーのプロトタイプ、

『エリート』を初公開すると発表した。



新型エリートは、2+2シーターで電動開閉式ルーフを備えたスーパーカーの提案。モダンクラシックをテーマにデザイン

されたボディは、全長4600×全幅1900×全高1320mmだ。エンジンはフロントミッドシップに置かれ、後輪を駆動する。



パワーユニットはガソリンと、ハイブリッドの2種類。5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、トヨタ自動車から供給

を受けるユニット(レクサス『IS-F』用)と思われ、最大出力620ps、最大トルク73.4kgmを引き出す。



車両重量は1650kgにまとめられ、0-100km/h加速は3.5〜3.7秒、最高速は315km/hを標榜。ハイブリッド仕様は、F1マシン

と同じKERS(運動エネルギー回生システム)を採用するなど環境性能が追求され、CO2排出量は215g/kmに抑えられる。



新型エリートは今後開発テストが行われ、2014年春に発売予定。英国での価格は、11万5000ポンド(約1530万円)程度を

想定する。グループロータスのダニー・バハーCEOは、「1957年に発表した初代エリート同様、新型エリートが新しいスー

パーカー像を定義する」と、自信を見せている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA