動物病院の巻

保護してから2晩、ちび猫ちゃんは朝から元気がありません。

鳴き声も小さく、ミルクもあまり飲んでくれません。

前日のはしゃぎようから見たら雲泥の差です







73歳にして一番の世話係の親父は、「病院行かなアカンわ。やってるかなー」

日曜日ですから心配もごもっとも。



ですが、やってました。

近くの動物病院へダンボールに入れた仔猫を持ってゴー。



狂犬病の注射を待つ皆様方を差し置いて、真っ先に診てもらえました。

最初は口の中をペンライトで見て、「よし、大丈夫」

なんでも、希にミルクが肺に入ってしまう個体があるそうで、

その様子はないとのこと。







次に採血の様子です。こんなに小さいのに首からプスリと。

血管が細くてなかなか血が出てきません。

2分くらいやってたでしょうか、ようやく2~3CC採れたようです。

その間、小さなうめき声を出す程度でじっと耐えてましたよ。がんばったねー



血液検査の間に次はレントゲン撮影。







骨折もなく正常。関節が広く見えるのは軟骨が写らないからだそうです。

心臓もばっちり見えます。

血液検査の結果も血糖値その他の数値も正常値内。



先生によると、現段階ではこれといった異常はありません。

引き続き様子を見てくださいとのこと。

サービスでサプリメントみたいなものを貰って帰りました。



ホッとしました。



今朝(月曜日)も元気がありませんが、徐々に快方に向かうことを願ってます。

親父のボケ防止のための一助になってるみたいやし。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA